ヒアルロン酸とコラーゲンの違いとサプリメント

最近は酵素が話題になっていて、化粧品やサプリメントで多く使われています。

しかし一世を風靡したさまざまな成分の中でもヒアルロン酸やコラーゲンは、美容や健康を意識している人の話題になっています。

肌に潤いを与えたり、関節の働きを滑らかにするのにどちらの成分も効果的です。ヒアルロン酸とコラーゲンは同じような成分だと思っている人もいるようですが、実際は全く違います。

ヒアルロン酸とコラーゲンはそもそも、元になる物質がまったく違うものだといいます。

糖の一種であるヒアルロン酸の分類は、ムコ多糖類です。

たんぱく質の一種が、コラーゲンです。

コラーゲンの働きは細胞と細胞を結合させものであり、体の中にあるたんぱく質のうち、およそ3分の1がコラーゲンというものです。

弾力がコラーゲンが不足した肌からは消えてしまい、際立ってくるのがたるみやしわです。

コラーゲンが関節から減ってしまうと、関節が痛んだりきしんだりするのは、関節の働きが低下してしまうからです。

一方、コラーゲンは体内の保水に関わっている成分であり、1グラムのコラーゲンは6リットルの水を保持できるといいます。

体の中にいろいろなところにコラーゲンが含まれています。肌の真皮層や関節にたくさんあるようですが、肌の潤いがコラーゲンが減少することで少なくなってしまうといいます。

肌の細胞と細胞をヒアルロン酸が結合させ、肌の水分をコラーゲンが保持しているのです。

加齢とともにヒアルロン酸もコラーゲンも減少してしまうものですが、とても大切な肌を乾燥から守る成分だといえます。

加齢といえば加齢臭の悩みですね。
私はあるサプリメントで解決しました。

それまではシャンプー、石鹸、香水など試しましたが全部ダメ。
たどり着いたのがサプリメントでした。