40歳以上はメタボに注意

誰もが一度は耳にしたことがあるメタボリックシンドローム。ある程度の年配の方々は、絶えず気を付けているのではないでしょうか?メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。メタボリックシンドロームとは内臓脂肪肥満症のことで、皮下脂肪が付きやすい女性よりも、付きにくい男性のほうがなり易いと言われています。メタボは単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、一般的には高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している全ての状態を指しています。メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性が飛躍的に高くなるので、すでに体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。お付き合いだからといって、毎日お酒を飲んでいる人は、自分の考え方を改めた方が良いかもしれません。日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることが大事です。運動不足にならないようにして、規則正しい食生活に改善し、身体に蓄積してしまった脂肪を減らしていくことです。40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えると言われており、定期健康診断でも測定されるので日頃から注意しましょう!
酵素ドリンク 痩せる